アイウォレットは日本語で簡単に登録ができます

オンラインカジノ初心者におススメのエコペイズEcoPayzの入金方法<カード・ビットコイン・海外送金>の記事はこちら
オンラインカジノサイトへの入出金の方法として、電子決済サービスを利用すると便利です。サイトごとに利用可能な入出金方法が異なりますが、通常は複数の電子決済サービスに対応しています。アイウォレット(iWallet)は、多くのオンラインカジノに対応している電子決済サービスのひとつです。

アイウォレットの最大のメリットは、公式サイトや登録画面・専用画面が完全に日本語に対応していることです。アイウォレットは香港の会社が提供するサービスですが、日本人向けに日本語に完全に対応しています。そのため英語が苦手な方でも何の問題もなくアカウントを登録したり、入出金の申請を行うことができます。アカウント登録の際は本人確認書類の画像を送信する必要がありますが、パスポート以外にも日本語の運転免許証や写真付きのマイナンバーカードでも構いません。

アイウォレットは他の電子決済サービスと同じように日本国内の銀行口座に出金をすることができますが、専用のプリペイドカード(マスターカード)を発行するとATMから現金で直接引き出しをすることも可能です。プリペイドカードを利用してショッピングをしたり、他のカジノに入金をする際にも利用することができます。日本語対応で出金時の利便性を重視する方は、アイウォレットが一番おすすめです。

アイウォレットの本人確認方法や必要書類

アイウォレットカードを発行したい時や口座使用の上限金額を無制限に変更したい場合には、本人確認を行う必要があります。本人確認の方法としては、アイウォレットの公式サイトにログイン後、右下の方に書かれている「KYC書類をアップグレードする」と書かれている項目をクリックします。登録情報を確認、変更の0画面が現れますが、のちに確認書類をアップロードしなければなりません。その書類に書かれている住所や電話番号、郵便番号と同じものを入力しなければ、認証に通ることができません。電話番号を入力する際には、国番号の81を頭に入れてから入力します。最後に確認画面へと書かれている項目をクリックすれば完了です。

登録情報を更新することができたら、本人確認書類と住所確認書類をアップロードすることになります。本人確認書類としてはパスポートや運転免許証、住民基本台帳カードの中から一つを選びます。住所確認書類は、政府や公的機関が発行した氏名や住所、発行日が明記されている書類が必要です。電気やガス、水道料金などの公共料金の支払いの請求書、銀行の取引明細がこれにあたります。パソコンのスキャナーで書類をスキャン、もしくはスマートフォンのカメラで写真を撮影してアップロードします。ファイル名は英語で作成し、正常にアップロードされれば、日時が表示されます。3日から1週間ほどで認証されるでしょう。
JCB対応オンカジを詳しく知りたい方はJCB対応オンラインカジノはコレ(クレジットカード)の記事も確認

アイウォレットはゆうちょも対応している

アイウォレットとは、香港に拠点を置いているオンラインカジノの入出金に利用することができる電子決済サービスであるわけですが、実は日本語対応のサポートもありますから、まるで海外のサービスではないように感じるくらいには便利と言えます。オンラインカジノの決済の方法としては他に良いサービスがあったのですが日本でいきなりサービスをやめてしまった、と言う事があり、今ではこちらが主流になっているといっても過言ではなくなっているのです。
オンカジ最新情報はこちらで確認!ビーナスポイント対応オンラインカジノ(VenusPoint)はココ

さて、このサービスなのですが当然、最終的に日本で使うのであれば日本国内の金融機関に入金して貰う事ができる必要性がありますが、実はゆうちょにも対応しています。日本のみならず、世界中で使われているサービスであり、対応しているショッピングサイトやオンラインカジノなどにどんどん対応してきていますから、物凄く使い勝手がよくなっていると言えるのです。

アイウォレットを使う事は様々においてメリットがあるのですが手続きがやや面倒と言う事もあります。しかし、今ではネットでいくらでも登録の仕方が調べられますし、そもそも日本語のサポートがありますから、わからなくなったら素直に聞けばどうとでもないでしょう。

銀行経由で安全・確実にアイウォレットの入出金

おススメのオンカジ必勝法を知りたい方に→オンラインカジノで勝つ方法・勝ち方法則
オンラインカジノの決済中間手段としても多くの国の人たちから利用されているアイウォレットですが、銀行経由で国際送金して安全・確実に入出金できる方法があります。複数の中継バンクを通ることもあるため、日数に余裕を持って手続きする必要がありますが、安全に入出金できるので助かります。1日の出金上限が50,000ドルと高く設定されているため、銀行へ高額の出金が可能です。振込の取消をする場合は手数料がかかるため注意が必要です。

入金方法としては銀行窓口もしくはインターネットバンキングで、自分の口座からアイウォレット が指定した口座宛に国際送金をします。着金が確認できたら、着金した金額が口座に反映されます。振込通貨はJPY・USD・EUR・GBP・SGD・HKD・CNY・IDR・PHPの9通貨に限定されています。振込の際に気をつけなければならないのは、メッセージ欄に「IWL」の記号とその後にアイウォレット の口座番号を記入する必要があることです。記入を忘れてしまったり番号に間違いがあると、判別できずに口座に反映されないため、カスタマーサポートまでできるだけ早く連絡する必要があります。出金はアイウォレット のログイン後の画面から簡単に操作することができます。「出金申請」をクリックして「国際銀行振込」を選択して詳細情報を入力後に確認画面にて実行することが可能です。

アイウォレットの税金と言うのは

アイウォレットは送金も出来ますが受け取る事も可能です。オンラインカジノなどを使う時にはその儲けた利益などもそこに入れると言う事になりますから、これは所得となる事があります。アイウォレットには税金がかかる場合もあるのです。当然、利益が出たのであればそれは申告をしないといけない事になりますから、注意しておきましょう。税理士などに相談すれば心配する事はないでしょう。
初心者必見のパリジャンマカオカジノホテルについての記事を見ていない方はこちら

しかし、そもそもいくら所得、利益になったのか、と言う事から考えた方が良いです。そして、出来るだけ正しく申告をするようにしたほうが良いと言えます。わからないのであれば素直に税務署に話をしにいった方が良いです。ちなみにかなり微妙な所ではあるのですがカジノなどの利益であればなんといっても賭けた金額が経費になるのか、と言う事があります。

そもそもギャンブルにおいてはそれがかなり認められにくい事がありますが、まったく駄目と言う判例があるわけでもないのでかなり難しいポイントになります。一概にどうこうと言える事ではありませんから、とにかく相談をして見る事にしましょう。それが最も無難な事であると言えます。少なくとも利益が出ていれば税金は支払う事になるのです。

オンラインカジノで使えるアイウォレット

オンラインカジノは世界的に人気があります。ここ数年で日本でも興味を持つ人が増えています
本場ラスベガスと同様に自分が好きなゲームを楽しむことができます。
オンラインカジノには多くの魅力がありますが、そのひとつがペイアウト率です。
宝くじや公営ギャンブルに比べるとカジノのペイアウト率は高く、オンライン版になるとさらに高くなります。
ゲームが充実しているのもメリットのひとつで、スロットやルーレット、バカラなど数百を超えるゲームがあります。
ワンダリーノカジノ最新情報はこちらワンダリーノカジノの評価、評判、口コミ、レビュー

オンラインカジノを利用する場合には資金を入金する必要があります。
日本のプレイヤーの場合は入金方法が限られています。
人気がある入金方法は電子決済サービスを使う方法です。
アイウォレットも人気決済サービスのひとつで、利用者が増えています。
すべてのユーザーはアイウォレット口座を解説することで取引と管理ができます。
資金をアイウォレットカードから出金することも可能です。
アイウォレットには様々なメリットがあります。
口座の開設費用や維持費用、手数料も無料です。送金もスピーディーなので安心です。
国際ブランドのプリペイドカードと連動しているので、世界中どこにいても使うことができます。